DSpace 立正大学 日本語
 

立正大学学術機関リポジトリ >

Browsing by Author 新井, 敦志

Jump to: 0-9 A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z
or enter first few letters:   
Sort by: In order: Results/Page Authors/Record:
Showing results 1 to 15 of 15
Issue DateTitleAuthor(s)
20-Mar-2008リーガル・マインドに関する覚書・その三 : 企業活動におけるコンプライアンス・企業の社会的責任新井, 敦志; Arai, Atsushi
Sep-2013不動産の取得時効完成後、所有権移転登記がされない間に、第三者が原所有者から抵当権の設定を受けてその設定登記を了した場合における再度の取得時効完成と抵当権の消長 : 最二小判平成二四年三月一六日を素材として新井, 敦志; Arai, Atsushi
20-Sep-2017事前求償権を被保全債権とする仮差押えと事後求償権の消滅時効中断 ―最三小判平成二七年二月一七日を素材として―新井, 敦志; Arai, Atsushi
20-Sep-2010人権保障規定の私人間効力について : リーガル・マインドに関する覚書 (その四)新井, 敦志; Arai, Atsushi
20-Mar-2016保証人が主債務の相続を知りながらした保証債務の弁済と主債務の時効中断 ―最二小判平成二五年九月一三日を素材として―新井, 敦志; Arai, Atsushi
20-Sep-2016明示的一部請求の訴えと残部債権の消滅時効中断 -最一小判平成二五年六月六日を素材として-新井, 敦志; Arai, Atsushi
20-Mar-2015時効が完成した債権を自働債権とする相殺における受働債権の弁済期の到来について新井, 敦志; Arai, Atsushi
20-Sep-2008民法一六六条一項の消滅時効の起算点 : 東京高判平成一八年一〇月一二日を素材として新井, 敦志; Arai, Atsushi
20-Mar-2009民法七二四条後段の期間について : 東京高判平成二〇年一月三一日を素材として新井, 敦志; Arai, Atsushi
Mar-2014民法九四条二項および一一〇条の類推適用について : 最一小判平成一八年二月二三日を素材として新井, 敦志; Arai, Atsushi
20-Mar-2012消滅時効の援用の法的性質について新井, 敦志; Arai, Atsushi
20-Mar-2011消滅時効制度の現在と将来 : 実体法的合理化の観点から新井, 敦志; Arai, Atsushi
20-Sep-2009消滅時効準則に関する一考察 (一) : 消滅時効制度の実体法的合理化の観点から新井, 敦志; Arai, Atsushi
20-Mar-2010消滅時効準則に関する一考察 (二・完) : 消滅時効制度の実体法的合理化の観点から新井, 敦志; Arai, Atsushi
20-Mar-2007続・リーガル・マインドに関する覚書 : 第二次世界大戦中の強制連行・強制労働訴訟の判例研究を素材として新井, 敦志; Arai, Atsushi
Showing results 1 to 15 of 15