DSpace 立正大学 日本語
 

立正大学学術機関リポジトリ >
研究所 >
人文科学研究所 >
立正大学人文科学研究所年報 >
01号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11266/1288

Title: 山梨県南巨摩郡身延町の言語生活(研究調査要旨)
Authors: 春日, 正三
Issue Date: 31-Mar-1964
Publisher: 立正大学人文科学研究所
Abstract: 昭和35年8月から昭和37年9月の三年間にわたって行なわれた本研究所の「富士川流域総合調査」に国文学科研究室では, 竹下数馬主任教授・浅野晃教授と春日の三人が参加した。民俗学を浅野教授が, 文学遺跡調査その他を竹下教授が, 言語学-方言調査-を春日が担当して行なった。今回報告を行なうのは, 春日が担当した方言調査の記録で, しかも狭義の音韻に限って極めて概括的に行なう。語法・語いその他については, 後日の本論文発表に譲る。
URI: http://hdl.handle.net/11266/1288
Appears in Collections:01号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
KJ00000160685.pdf180.66 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.