DSpace 立正大学 日本語
 

立正大学学術機関リポジトリ >
研究所 >
心理学研究所 >
立正大学心理学研究所紀要 >
第2号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11266/5161

Title: 中央教育審議会の歴史と問題点
Authors: 浪本, 勝年
Keywords: 教育刷新審議会
文部(科学) 大臣
審議会等
中央省庁の再編
答申
Issue Date: 20-Mar-2004
Publisher: 立正大学心理学研究所
Abstract: 中央教育審議会は現在、文部科学省に設置されており、審議会行政を一挙にになわされている。現代の肥大化した行政は「審議会行政」とも言われるほど、審議会を「活用」している。しかし、その審議会自身もいろいろな問題を抱えている。ここでは、中央省庁に設置されている審議会のうち、文部科学省の審議会である中教審に焦点をあてて、その設置の経緯やその後の答申にいたる問題点について、さまざまな角度から検討する。
URI: http://hdl.handle.net/11266/5161
Appears in Collections:第2号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
shinrikenkiyo_002_089.pdf100.87 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.