DSpace 立正大学 日本語
 

立正大学学術機関リポジトリ >
研究所 >
心理学研究所 >
立正大学心理学研究所紀要 >
第5号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11266/5181

Title: Verbalizer-Visualizer Questionnaire の信頼性・妥当性に関する検討
Authors: 田村, 英恵
Keywords: Verbalizer-Visualizer Questionnaire
視覚型
言語型
イメージ
Issue Date: 20-Mar-2007
Publisher: 立正大学心理学研究所
Abstract: Verbalizer-Visualizer Questionnaire (VVQ) は、習慣的な思考スタイルと関連する言語型-視覚型傾向の測度としてこれまで用いられてきた。本研究の目的は、VVQ の信頼性と妥当性の検討を行うことであった。14~61歳の1455名を調査対象としてVVQ を実施し、性差分析、因子分析を含めた項目分析、Cronbach のα係数を用いた信頼性分析を行った。結果、性差は認められず、項目分析においては肯定率の高い項目や思考スタイルとは逆方向の回答が多くを占める項目が見られた。また、因子分析では4因子が抽出され、全体のα係数は低い数値となった。先行研究と本研究の結果を総合すると、VVQ の信頼性・妥当性については疑問の余地のあることが示唆された。
URI: http://hdl.handle.net/11266/5181
Appears in Collections:第5号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
shinrikenkiyo_005_013.pdf59.22 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.