DSpace 立正大学 日本語
 

立正大学学術機関リポジトリ >
研究所 >
心理学研究所 >
立正大学心理学研究所紀要 >
第5号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11266/5182

Title: 学校外部評価の方法と課題 : 品川区の事例を中心に
Authors: 樋口, 直宏
Keywords: 学校評価
外部評価
品川区
プラン21
Issue Date: 20-Mar-2007
Publisher: 立正大学心理学研究所
Abstract: 本稿では、学校外部評価の方法と課題について、品川区の事例を中心に考察することを目的とした。具体的にはまず、学校外部評価に関する法制や外部評価の現状について、近年の改革動向および文部科学省が作成した「学校評価及び情報提供の実施状況」をもとに検討した。つぎに、品川区の教育改革と外部評価者制度について、「プラン21」における小中一貫教育や学校選択制等とともに、外部評価者制度の組織および流れを分析し、その位置づけを明確にした。その上で、評価活動の実際について、外部評価のねらいおよび国による「義務教育諸学校における学校評価ガイドライン」にある評価項目を取り上げながら、品川区での具体的な手続きを検討した。最後にこれらを通して、学校外部評価を行うにあたっての留意点や、評価のあり方に関する課題について考察した。
URI: http://hdl.handle.net/11266/5182
Appears in Collections:第5号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
shinrikenkiyo_005_021.pdf47.83 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.