DSpace 立正大学 日本語
 

立正大学学術機関リポジトリ >
研究所 >
心理学研究所 >
立正大学心理学研究所紀要 >
第5号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11266/5183

Title: 学習指導要領にみる特別活動の位置づけと学校教育の課題
Authors: 鬼頭, 明成
Keywords: 学習指導要領
特別教育活動
自主性・自発性
国旗・国歌問題
教育改革
Issue Date: 20-Mar-2007
Publisher: 立正大学心理学研究所
Abstract: 本来、自主的・自発的活動をうながすことを目標にして出発した特別教育活動はどのようにして今日にいたっているであろうか? 生徒にとって学校生活に大きな比重を占める部活動の文言が学習指導要領上から消え失せ、卒業式は生徒・教師の意図とは無関係に国歌斉唱が義務づけられ、座席の位置や向きまで教育委員会の指示通りに行うことを強制されている。戦前において、儀式や修学旅行・運動会・学芸会が果たした役割を顧みながら、こんにち特別活動に期待されていることが何であるかを考察したとき、教育の論理より、行政の論理であり、政治の論理・経済の論理が優先されているのではないかとも考えられる。学力問題や学級崩壊、いじめ問題など子どもたちの心のゆがみが問題になっているなかで、真の教育・特別活動のあり方について再考を促したい。
URI: http://hdl.handle.net/11266/5183
Appears in Collections:第5号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
shinrikenkiyo_005_033.pdf64.87 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.