DSpace 立正大学 日本語
 

立正大学学術機関リポジトリ >
研究所 >
心理学研究所 >
立正大学心理学研究所紀要 >
第8号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11266/5195

Title: 労働者のメンタルヘルス支援とワークライフバランス
Authors: 宮城, まり子
齊藤, 勇
今村, 泰子
Keywords: 長時間労働
メンタルヘルス不調
オランダモデル
ワークライフバランス
Issue Date: 20-Mar-2010
Publisher: 立正大学心理学研究所
Abstract: 日本における労働者の長時間労働は世界においても際立っており、その結果メンタルヘルス不調者の増加が認められている。特に中でも30代の若年労働者のメンタルヘルス不調が目立ってきており、メンタルヘルス不調を予防する対策が求められている。そのためには、原因となる長時間労働を改善し、仕事オンリーの生活から仕事と生活の調和を図り、心身の健康を保ち豊かなバランスのとれた生活を実現することが大切である。オランダモデルが提示しているような働き方を参考に、日本においてもいかにワークライフバランスを実現し、心身共に健康でライフステージに合わせた柔軟な働き方を実現することが大切である。
URI: http://hdl.handle.net/11266/5195
Appears in Collections:第8号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
shinrikenkiyo_008_029.pdf116.16 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.