DSpace 立正大学 日本語
 

立正大学学術機関リポジトリ >
施設/センター >
立正大学心理臨床センター >
立正大学臨床心理学研究 >
第12号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11266/5375

Title: ドメスティック・バイオレンス被害者が被害を受けていくプロセスの検討
Other Titles: Examination of the process how the victims are exposed to domestic violence
Authors: 米田, 弘枝
Yoneda, Hiroe
Keywords: ドメスティック・バイオレンス
被害のプロセス
被害者支援
domestic violence
victim’s process
victim’s assistance
Issue Date: 31-Mar-2014
Publisher: 立正大学心理臨床センター
Abstract:  ドメスティック・バイオレンスの被害者が暴力を受けているにも関わらず、逃げないことは、援助を困難にしている。  筆者は、このプロセスを検討するために4 名の被害者の協力を得た。  その結果、暴力による恐怖心や嫌悪感を抱いていたが、夫との関係を修復させるために、むしろ積極的に夫の方に接近していた。  被害女性の結婚観や、夫への期待や願望が、支援を困難にしていた。  被害者の認知が変わるときは、不快感が身体症状となって現れ、夫の行動が異常だと思うことができた時であった。  ドメスティック・バイオレンス被害者支援のためには、認知の修正を目指すことが大切で、この目的のために被害の出来事全体を俯瞰することが必要である。
 Not escaping, although the victims of domestic violence has received violence was helping difficult.  I got the cooperation of four victims to examine this process.  As a result, although there were fear by violence and a feeling of repulsion, the victims were approaching positively rather, in order to restore a relation with a husband.  The victim’s concept of marriage, the expectation and wish for husband, were supporting difficultly.  When displeasure resulted in somatic symptoms and husband seemed to be unusual, Cognition changed.  For assistance of domestic violence victims, it is important to aim at cognitive correction, and, for the purpose, it is required to see the whole damage objective.
URI: http://hdl.handle.net/11266/5375
Appears in Collections:第12号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
103/研究論文/米田.pdf876.24 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.