DSpace 立正大学 日本語
 

立正大学学術機関リポジトリ >
学部 >
経済学部 >
経済学季報 >
63巻1号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11266/5413

Title: 東南アジア家電市場における中国多国籍企業の現地生産の特徴―インドネシアの日系M社とタイの中国系ハイアール社の比較を中心に―
Other Titles: An Empirical Study on Characteristics of Local Production by Chinese Multinational Enterprise in South East Asian Home Appliance Market: With the Focus on the Comparison between Japanese Firm M in Indonesia and Chinese Haier in Thailand
Authors: 苑, 志佳
Yuan, Zhijia
Keywords: 東南アジア
家電市場
中国多国籍企業
Issue Date: 9-Aug-2013
Publisher: 立正大学経済学会
Abstract: 中国は中長期戦略として対外直接投資を重要視しており,加速させる方針を掲げている.これまで中国の対外直接投資の地域的特徴として,アジア新興国市場開拓が挙げられる.そのうち,東南アジア市場は中国製造業企業の重要な進出地域となっている.本稿は,東南アジア家電市場に急速に進出した中国企業に照準を合わせ,同市場の競争相手の日本企業との比較によって中国多国籍企業の現地生産・経営における諸特徴を明らかにするものである.具体的にいうと,本稿は,東南アジア地域に進出した中国企業の現地生産の主な側面―競争力全般,親–子会社関係,本社派遣者の役割,グローバル化,現地化など―を検討する.分析を通して中国多国籍企業の海外現地生産の幾つかの特徴―親会社による高度なコントロール,人的側面の現地化,現地事業の要所への緊密なコントロール,現地の社会的資本の積極的利用など―が発見された.
URI: http://hdl.handle.net/11266/5413
Appears in Collections:63巻1号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
[1-24].pdf957.44 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.