DSpace 立正大学 日本語
 

立正大学学術機関リポジトリ >
学部 >
経済学部 >
経済学季報 >
63巻3号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11266/5423

Title: 2000年代におけるアメリカの貿易動向
Other Titles: The US Foreign Trade in the 2000s
Authors: 本間, 直行
Honma, Naoyuki
Keywords: アメリカ経済
NAFTA
燃料
中国経済
リーマンショック
Issue Date: 20-Dec-2013
Publisher: 立正大学経済学会
Abstract: 2000 年代にアメリカの貿易はアジア特に中国向けを中心に増加した.品目では輸出入共に製品特に機械の比重が低下し,一次産品特に燃料の比重が増大した.リーマンショックに伴い貿易は急減したが,回復は途上国向けを中心に急速だった.しかし,12 年には貿易額の伸びは低下し,世界経済動向の転換を示唆している.
URI: http://hdl.handle.net/11266/5423
Appears in Collections:63巻3号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
[1-33].pdf2.31 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.