DSpace 立正大学 日本語
 

立正大学学術機関リポジトリ >
施設/センター >
立正大学心理臨床センター >
立正大学臨床心理学研究 >
第13号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11266/5592

Title: 統合失調症への動作法に関する研究の動向と課題
Other Titles: Perspectives on and future issues in the study of Dohsa-hou for patients with schizophrenia
Authors: 上倉, 安代
Kamikura, Yasuyo
Keywords: 動作法
統合失調症
Issue Date: 31-Mar-2015
Abstract:  本研究の目的は、統合失調症への動作法に関する研究を概観し、今後の研究課題について検討することである。収集した18文献を基に、発表論文数の推移および形式的側面(①医療機関の種別と治療形態、②対象、③目的、④治療者と実施形態、⑤治療構造、⑥評価方法、⑦掲載誌、の7点により分類)から、統合失調症への動作法に関する研究を概観し、考察を行った。これらを踏まえて、今後の課題としては、急性期や外来患者への動作法の活用、効果研究のあり方の検討(量的研究やプロセス研究の導入等)、心理臨床における動作法の展開、が挙げられた。
URI: http://hdl.handle.net/11266/5592
Appears in Collections:第13号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
bulletin13_p049_kamikura.pdf712.86 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.