DSpace 立正大学 日本語
 

立正大学学術機関リポジトリ >
施設/センター >
立正大学心理臨床センター >
立正大学臨床心理学研究 >
第14号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11266/5738

Title: 心理面接への陪席および単独面接において初学者が感じる困難と気づきおよび成長
Other Titles: Trainee therapist’s difficulties, awareness and growth in the counseling or attending counseling
Authors: 上倉, 安代
入軽井, 悦子
佐藤, 真理奈
野村, 規雄
齊藤, 翔悟
Kamikura, Yasuyo
Irikarui, Etsuko
Sato, Marina
Nomura, Norio
Saito, Shogo
Keywords: 初学者
心理面接
困難
気づき
成長
Issue Date: 31-Mar-2016
Publisher: 立正大学心理臨床センター
Abstract:  本研究の目的は,臨床心理学を学び始めた初学者を対象として,内部実習で感じる困難とその成長を検討することである。初学者4名(大学院生,大学院修了後1年未満,各2名)による陪席及び単独面接の回顧的報告を基に,面接場面で感じる困難,困難を通じた気づき,気づきを経て得た成長を抽出し質的に検討した。その結果,初学者が感じた困難は自己・他者・環境に対するものに分けられ,自己への困難が最も多かった。よって,初学者はクライエントの内界を想像し共感する等の臨床的行為よりも,自身の内界の動きに対して困難を感じると考えられた。また,初学者には,自身の傾向への気づきを深め省察することで,否定的に捉えていた自身を客観的に捉えられ,行動を変容し柔軟性を獲得する,クライエントに焦点づけて考えられるという成長がみられた。その成長過程は,①気づく体験,②自身と向き合い受容する体験,③注目のあり方と視点の変容によるクライエントとの距離感の変化,④初学者のスタンスの定位と臨床的姿勢の芽生えという一連の変化を辿ると考えられた。
URI: http://hdl.handle.net/11266/5738
Appears in Collections:第14号

Files in This Item:

There are no files associated with this item.

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.