DSpace 立正大学 日本語
 

立正大学学術機関リポジトリ >
学部 >
経済学部 >
経済学季報 >
58巻3号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11266/5812

Title: 中国の地域形成メカニズムと地域間相互依存関係
Other Titles: Regional formation mechanism and regional interdependence in China
Authors: 王, 在喆
Wang, Zaizhe
立正大学経済学部
Rissho University
Keywords: 中国経済
地域経済
産業
地域
地域間相互依存関係
地域格差
産業連関関係
Issue Date: 20-Feb-2009
Publisher: 立正大学経済学会
Abstract: 本稿では,「改革・解放」以降の中国における地域形成のメカニズム」を理論的に検討し,中国式の「産業」の概念および産業分類の基準を示した上で,「地域」と「産業」によって結ばれる地域間相互依存関係を明らかにする.この研究の目的は,「改革・開放」以後の中央政府が実施した「重点政策」(「重点産業開発政策」と「重点地域開発政策」)の経済効果を示すことである.この研究によって得られた主な結論は次のようにまとめられる.「改革・開放」以後,中国の「地域」は「重点政策」による地域続合と非重点地域地方政府の市場介入による地域分断との相反する二つの力の相互作用によって形成されている.このような相互作用は市場競争の形態を取る企業間競争から「地方政府間競争」の形態を取る競争に変化する「地域間競争」の中で具現化している.しかし「重点政策」の経済効果が浸透することにより「地域間競争」はますます激しくなり,地域形成のメカニズムもますますダイナミックになる.このメカニズムがダイナミックになればなるほど,「諸侯経済」の力によって辛うじて既存の行政区画(省・直轄市・自治区)の範囲内に維持されている「地域」も次第に変化する.「地域」と「産業」の二つの尺度で中国の地域経済の実態を捉えれば,産業連関関係を基底とする地域間相互依存関係も明らかになる.すなわち,「沿海地域」と「内陸地域」に分けた場合,「沿海地域」が重化学工業化の産業構造を有しており,「内陸地域」の産業構造に農業と軽工業が中核を成している.両地域間の相互依存関係は,前者が後者に高付加価値製品を移出し,後者から低付加価値製品を移入することによって維持されている.高付加価値製品はま主として先端技術によって生産される軽工業製品および精密機械などの重化学工業製品である.低付加価値製品は主にエネルギーなどの鉱物資源である.「沿海地域」はこのような地域間交易から大きな経済利益を得ている.したがって,両地域間の地域格差は拡大した.このような地域間依存関係は中央政府による「重点政策」の実施によって形戒されており,政策目標の一つであるとも言える.
URI: http://hdl.handle.net/11266/5812
Appears in Collections:58巻3号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
kiho_58(3)_35_ou.pdf1.98 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.