DSpace 立正大学 日本語
 

立正大学学術機関リポジトリ >
学部 >
経済学部 >
経済学季報 >
60巻1号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11266/5836

Title: 炭素税の理論的検討
Other Titles: Theoretical examination of carbon-emissions tax
Authors: 藤岡, 明房
Fujioka, Akifusa
立正大学経済学部
Rissho University
Keywords: 炭素税
化石燃料
比較静学分析
地球温暖化
外部不経済
Issue Date: 20-Sep-2010
Publisher: 立正大学経済学会
Abstract: 地球温暖化対策として化石燃料の利用を抑制させることが望ましい.そのための有力な手段として『炭素税』が上げられる.これは,化石燃料の炭素含有量に応じて炭素税を賦課し,それによって化石燃料の価格を引き上げ,その化石燃料の利用を抑制させるという手段である.すでにヨーロッパでは炭素税が導入・実施されている.日本でも炭素税の導入が検討されている.しかし,炭素税は生産のための原材料である化石燃料の利用の抑制のために賦課される課税であることから,従来の生産物の抑制のために賦課される公害税のような環境税とは性質が異なる課税になる.本論文では,化石燃料を用いた生産関数を定式化し,その生産関数に基づいて炭素税が賦課された場合の経済効果を分析することにする.そのために,炭素税が存在する場合の家計の主体的最適化行動と企業の最適化行動を明らかにし,部分均衡分析によって,最適値を求める.その際,炭素税の方式を3つ区別することにする.第1は,温室効果ガスの排出という外部不経済効果の内部化のために生産物の価格に炭素税を賦課するという方式である.第2は,温室効果ガスの排出を抑制するために二酸化炭素を排出する化石燃料に炭素税を賦課する方式である.通常は,この方式が採用されている.しかし,外部不経済効果の内部化との関係は明らかではない.第3は,外部不経済効果を内部化するために化石燃料に炭素税を賦課する方式である.この方式は,化石燃料に直接課税するという点では第2の方式と似ているが,社会的厚生を最大化するという目的が明確なことから,第2の方式よりも好ましいといえるであろう.このように,化石燃料を用いる生産関数を明示的に示すことによって,炭素税の経済効果を明らかにすることができることになる.
It is preferable to control the use of the fossil fuel as measures for controlling global warming. A powerful means to control the use of the fossil fuel is to levy the carbon-emissions tax on the price of the fossil fuel. This is a means of controlling the use of the fossil fuel by selecting the carbon-emissions tax rate according to the carbon content of the fossil fuel, and levying the carbon-emissions tax rate on the price of the fossil fuel. The carbon-emissions tax has already been introduced in Europe. The introduction of the carbon-emissions tax is examined also in Japan. However, the carbon-emissions tax is taxation different from the pollution tax levied for the control of the product because it is taxation levied for the control of the use of the fossil fuel that is the raw material for production. In this paper, the economic effect when the production function that uses the fossil fuel is formulated, and the carbon-emissions tax is levied based on the production function will be analyzed. When the carbon-emissions tax is levied, the behavior of the household and the firm will be formulated, and the equilibrium solution be educed based on the partial equilibrium analysis. In this paper, three types of the carbon-emissions tax will be examined.
URI: http://hdl.handle.net/11266/5836
Appears in Collections:60巻1号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
kiho_60(1)_1_fujioka.pdf1.52 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.