DSpace 立正大学 日本語
 

立正大学学術機関リポジトリ >
学部 >
経済学部 >
経済学季報 >
60巻1号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11266/5838

Title: アドヴォカートゥスとパトロナートゥスについて : シトー会修道院の小教区教会所有の一側面
Other Titles: Advocatus et Patronatus
Authors: 平, 伊佐雄
Taira, Isao
立正大学経済学部
Rissho University
Keywords: シトー会
アヴェ
フォークト
パトロナート
パトロナージュ
Issue Date: 20-Sep-2010
Publisher: 立正大学経済学会
Abstract: 修道院の所有物であった教区教会に関する13世紀の史料は,修道院のパトロナート権を明確に修道院のアドヴォカートゥス権から区別していたとされる.この区別には,歴史的なアドヴォカートゥスの変遷が絡んでいる.シトー会修道院の研究では,フランスの領域の修道院にはアヴォエ(Avoué)は存在しないとして,パトロナージュの問題がしばしば議論され,他方ドイツの修道院ではフォークト(Vogt)問題が盛んに議論されて,教会所有の問題はその中心テーマとなった.しかし,私有教会の研究においては,地域差はあるものの,それらがアドヴォカートゥスから発したものであることを示している. 本稿では土地と教会所有の関係を改めて探ることを目的として,現在のベルギーに設立されたオルヴァル修道院とドイツ西部に設立されたヒンメロート修道院を取り上げ,これらの点を検証した.
URI: http://hdl.handle.net/11266/5838
Appears in Collections:60巻1号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
kiho_60(1)_73_taira.pdf815.91 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.