DSpace 立正大学 日本語
 

立正大学学術機関リポジトリ >
学部 >
経済学部 >
経済学季報 >
60巻2号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11266/5841

Title: 国際的観点から見た日本の資産バブル
Other Titles: Asset bubble of Japan seen from international viewpoint
Authors: 藤岡, 明房
Fujioka, Akifusa
立正大学経済学部
Rissho University
Keywords: 資産バブル
レーガノミックス
ドル安
原油の値下がり
円高差益
Issue Date: 20-Feb-2011
Publisher: 立正大学経済学会
Abstract: 本論文は,1980年代の後半に生じたバブル経済の原因について改めて検討するものである.従来の研究では,バブル経済の発生の原因を1986年からの公定歩合の引き下げや土地神話に基づく地価上昇の思惑などに求めていた.あるいは,金融市場の規制の緩和がきっかけであるとの見方もある.しかし,当時他国でもわが国と同じように,一般物価は下落するのに地価や株価は上昇するというミニ・バブル現象が生じていた.したがって,バブル経済の原因はわが国の内部に求めるのではなく,当時の国際的な状況によってもたらされたものという観点に基づいたほうが妥当であろう.そこで,本論文ではバブルの発生した背景としてレーガノミックスを取り上げる.そして,レーガノミックスの第1期目の政策によって各国はバブル経済を引き起こしやすい体質になり,レーガノミックスの第2期目の急激な政策転換によって,多くの国で余剰資金が発生し,それによってミニ・バブル経済がもたらされた.日本においてはより多額の余剰資金が発生し,その余剰資金が原因となってバブルが発生したという仮説を提示する.余剰資金が発生した経路としては3つ取り上げる.第1は,アメリカの高金利政策によりアメリカへ資本が流れ込み,債権国から債務国へ転換する可能性が高くなったことがきっかけである.そのため,ドル安が懸念されるようになりアメリカから資金が流出したが,その一部が日本に戻り,その資金が銀行などの金融機関に預けられたという経路である.第2は,1986年の原油安による製造業の費用削減がもたらした利益から余剰資金が発生したという経路である.第3は,円高差益による利益に基づく経路である.これら3つの原因によって余剰資金が生じ,それらの資金は金融機関に預けられた.しかし,金融機関は投資先を探したが,当時は円高不況であり,地方の時代が終わったこともあり,適切な投資先がなかった.そこで,金融機関はそれらの資金を円高不況の日本にあって数少ない価格が上昇していた地価と株価を見て土地や株式に投資したのである.余剰資金の額が大きかったことと,金融の規制緩和により銀行やノンバンク経由で土地や株式に資金が投入され,バブルが生じたものと考えられる.
This paper examines a cause of the bubble. economy that occurred in the latter half of the 1980s. In the conventional study, the cause of the outbreak of the bubble economy was considered to be reduction of the official discount rate from 1986, the expectation of the rise in land prices based on the land myth, others. Or there is the viewpoint that it was caused by the deregulation of the money market. However, in other countries, the general prices fell in those days, but the land prices and the stock prices rose. Therefore, it is not preferable to consider that the bubble economy of Japan was based on a factor peculiar to our country. It will be proper to consider that the asset inflation economy of Japan occurred because of the then international situation. Therefore I will take up Reaganomics in this paper as the background that occurred of the bubble. I show the hypothesis that a large amount of surplus fund produced as a result of Reagan policy. And I make clear that a bubble economy occurred for the surplus fund. Three causes are assumed that surplus funds were produced. The first cause is what U.S.A. was more likely to switch from the creditor nation to the debt country. Weak dollar came to be concerned about, and a fund flowed out from U.S.A. A part of the fund was sent back to Japan. The second cause is the fall of the crude oil price of early 1986 for manufacturing industry. The third cause is that profit occurred in the company because of profit from a strong yen rate. The surplus funds were left with the financial institutions such as banks. Therefore the financial institution invested those funds in land and the stocks which land prices and the stock prices rose.
URI: http://hdl.handle.net/11266/5841
Appears in Collections:60巻2号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
kiho_60(2)_23_fujioka.pdf2.55 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.