DSpace 立正大学 日本語
 

立正大学学術機関リポジトリ >
学部 >
経済学部 >
経済学季報 >
60巻2号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11266/5843

Title: Improving reading courses at Japanese universities : from "Yakudoku" to "Reading Strategies" and "Extensive Reading"
Other Titles: 日本の大学における英文読解授業 : 「訳読」中心から「読解ストラテジー」と「多読」重視ヘ
Authors: Homan, Yuka
ホーマン, 由佳
立正大学経済学部
Rissho University
Keywords: top-down processed reading
reading strategies
extensive reading
interactive approach
Issue Date: 20-Feb-2011
Publisher: 立正大学経済学会
Abstract: 日本の英語教育の中で「訳読」を英語の授業に導入してきた歴史は長い.文法中心の授業を見直すきっかけとなった1980年代の画期的なコミュニカティブアプローチが英語教育界を席巻して約30年を経てもなお,英文を読んで翻訳するこの読解指導は未だに根強く残っている.現在主流の英文読解のインテラクティブアプローチでは,語彙・文法中心のボトムアップ方式の読解法と,学習者の認知力を活用するトップダウン方式の学習の双方をバランスよく取り込む.本稿は,今グローバルに求められている英語読解力を踏まえ,大学1,2年生のリーディングの授業を「訳読」重視から「読解ストラテジー」の習得と「多読」による自律学習へ導く授業の提案を試みる.さらには,言語的・教育的・心理的・認知的観点から,その有効性について論じる.
URI: http://hdl.handle.net/11266/5843
Appears in Collections:60巻2号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
kiho_60(2)_93_homan.pdf500.88 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.