DSpace 立正大学 日本語
 

立正大学学術機関リポジトリ >
学部 >
経済学部 >
経済学季報 >
61巻2号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11266/5854

Title: 株価堅調時における個別証券会社の日経平均先物市場における行動の計測
Other Titles: Estimating excess demand functions for Nikkei 225 index futures contracts when stock prices rose steadily
Authors: 新井, 啓
Arai, Kei
立正大学経済学部
Rissho University
Keywords: マーケットマイクロストラクチャー
超過需要関数
日経平均先物市場
予想価格
Issue Date: 20-Nov-2011
Publisher: 立正大学経済学会
Abstract: 本稿は新井[2004],[2007],[2009a],[2009b],[2010a],[2010b],[2010c]における一連の研究の続きとして日経平均先物2007年3月限の証券会社別の超過需要関数のパラメータを推定している.これまでの研究により日経平均株価が一方的に上昇するような期間における証券会社別の超過需要関数の計測は比較的容易に行えることが明らかになっている.日経平均先物2007年3月限が取引された期間において日経平均株価は徐々に上昇していく傾向にあった.本稿における証券会社別の超過需要関数の推定結果から,多くの外資系の証券会社の超過需要曲線の傾きを示すパラメータの推定値は理論とは逆の値になり,外資系の証券会社がトレンドを追うような積極的な取引戦略を行っていたと結論することができる.日系の証券会社の中でも野村証券については超過需要関数の計測が非常に困難であった.これは日経平均株価の水準の上昇以外のその他の要因が大きく影響しているためと思われる.
URI: http://hdl.handle.net/11266/5854
Appears in Collections:61巻2号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
kiho_61(2)_101_arai.pdf2.49 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.