DSpace 立正大学 日本語
 

立正大学学術機関リポジトリ >
施設/センター >
立正大学心理臨床センター >
立正大学臨床心理学研究 >
第6号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11266/5855

Title: 語りの分析による「軽度」発達障害における保護者の障害認識
Other Titles: Analysis of the acceptance process of disabilities narrated by the parents who have children with mild developmental disorders
Authors: 鳥畑, 美紀子
中田, 洋二郎
本庄, 孝享
横部, 知恵子
森本, 由恵
Torihata, Mikiko
Nakata, Yojiro
Honjo, Takaaki
Yokobe, Chieko
Morimoto, Yoshie
Keywords: 発達障害
障害受容
語りの分析
Developmental Disorders
Acceptance process of disabilities
Narrative analysis
Issue Date: 31-Mar-2008
Publisher: 立正大学心理臨床センター
Abstract: いわゆる軽度発達障害と総称される、高機能広汎性発達障害、AD/HD、学習障害においては、保護者の子どもの障害受容の過程についてはいまだ十分に理解されていない。本研究では、「軽度」発達障害がある子どもの母親を対象に子どもの障害の認識をめぐる親の心理的適応過程について理解することを目的として半構造化面接による面接調査を行った。対象となった母親に共通する障害の認識に関わる要素には、子どもの日常の生活での躓きから障害を意識する状況と、社会生活への適応を考えたときに子どもの特性を「障害」と捉えざるをえない心情があることが理解された。「軽度」発達障害においては、問題なく日常を送り子どもを肯定する気持ち(表)と、「障害がある」ことを忘れられない否定的な気持ち(裏)が同時に語られるということが特徴であるといえる。つまり「軽度」発達障害においては、"障害"であることと"その子らしさ=個性"との揺れ動きや、"普通である"ことと"普通でないこと"の葛藤が、いわばDNA配列の二重の螺旋構造のように親の心に常に同時に存在していることが示唆された。
The acceptance process of disabilities by parents of children with mild developmental disorders such as LD, high function PDD, AD/HD is unknown yet. We conducted interviews toward parents of child with these disorders to study their psychological adaptation process. Results of analyzing interviews suggest that the parents have ambivalent feelings toward the features of disabilities. Results indicate they are usually unconscious of disabilities of their children and think the features as uniqueness of their own child but they have to realize their children's disorders when the children make some disturbance and disruption in their society.
Description: 研究論文
URI: http://hdl.handle.net/11266/5855
Appears in Collections:第6号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
bulletin6_p001_torihata_etal.pdf837.92 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.