DSpace 立正大学 日本語
 

立正大学学術機関リポジトリ >
施設/センター >
立正大学心理臨床センター >
立正大学臨床心理学研究 >
第7号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11266/5856

Title: 医科診療報酬における臨床心理・神経心理検査 : 近年の動向と特徴
Other Titles: The recent trends and features of the clinical psychological tests and the neuropsychological tests in the medical service fee schedule
Authors: 沼, 初枝
Numa, Hatsue
Keywords: 医科診療報酬
臨床心理検査
神経心理検査
Issue Date: 31-Mar-2009
Publisher: 立正大学心理臨床センター
Abstract: 本論文では、臨床心理・神経心理検査の日本における動向を、医科診療報酬の視点から検討することを目的とする。医療領域で活動する臨床心理士にとって、心理検査は重要なアセスメント手段のひとつである。しかし医科診療報酬体系は時代に大きく左右され、臨床心理士の業務として位置づけられてこなかった。診療報酬における臨床心理・神経心理検査の歴史を概観し、特に平成18・平成20年度の臨床心理・神経心理検査の特徴について述べる。
Description: 専門領域の研究動向
URI: http://hdl.handle.net/11266/5856
Appears in Collections:第7号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
bulletin7_p023_numa.pdf470.48 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.