DSpace 立正大学 日本語
 

立正大学学術機関リポジトリ >
学部 >
経済学部 >
経済学季報 >
65巻3/4号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11266/5895

Title: 中国自動車企業のグローバル行動に示唆された 「外部資源の内部化」論理
Other Titles: The Logic of “Internalization of External Resources” Implied by Chinese Auto Firms’ Global Actions
Authors: 苑, 志佳
Yuan, Zhijia
Keywords: 中国企業
自動車金型
海外進出
外部資源の内部化
Issue Date: 31-Mar-2016
Publisher: 立正大学経済学会
Abstract: 本稿の課題は,近年,日本の有力企業をも含む海外自動車金型メーカーを買収した中国自動車企業のグローバル行動に着目し,それらのグローバル行動の背景・戦略・特徴を明らかにすることである.2000 年以降,中国政府側は,条件を揃えた企業の海外進出を促進するようになった.そもそも中国の自動車金型企業は独自の力で入手できなかった生産資源を海外から調達したが,現在,海外企業を買収することによって様々な資源を確保しようとする新たな段階に突入してしまった.本稿はこのような資源調達の変化を「外部資源の内部化」論理と呼ぶ.中国自動車企業のグローバル行動は次の点を強く示唆している.つまり,外部資源を内部化することによってコストの最小化を図ろうとする戦略は今後,中国自動車企業が優先して採用するだろうと考えられる.
URI: http://hdl.handle.net/11266/5895
Appears in Collections:65巻3/4号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
[027-057].pdf1.11 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.