DSpace 立正大学 日本語
 

立正大学学術機関リポジトリ >
学部 >
経済学部 >
経済学季報 >
65巻3/4号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11266/5896

Title: 江戸時代における女性の労働と出産
Other Titles: Female Decision between Childbearing and Labor in Edo Period
Authors: 髙橋, 美由紀
Takahashi, Miyuki
Keywords: 歴史人口学
女性労働
出産
Issue Date: 31-Mar-2016
Publisher: 立正大学経済学会
Abstract: 近世の人口は,地域レベルでは増加地域と減少地域とに分かれる.減少地域では,「死亡」が多く「出生」が少なかった.その背後には,間引きや育児放棄などにも起因する乳幼児の死亡率の高さが存在した.必ずしも経済的困難のみが母親が子育てを放棄する動機となったのではない.母親にかかる労働過重も育児放棄を選択させた.
URI: http://hdl.handle.net/11266/5896
Appears in Collections:65巻3/4号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
[177-190].pdf1.25 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.