DSpace 立正大学 日本語
 

立正大学学術機関リポジトリ >
学部 >
経済学部 >
経済学季報 >
66巻1/2号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11266/5900

Title: 南インドの景観考(2) ―生活様式―
Other Titles: Landscapes in South India (Part2) : Focus on Changing Life Style
Authors: 元木, 靖
Motoki, Yasushi
Keywords: 南インド
景観
生活様式


Issue Date: 30-Nov-2016
Publisher: 立正大学経済学会
Abstract: 本稿は,南インドの近年における生活様式の動向を探るため,人々の生活の基本をなす衣食住の実状について,写真を多用し,景観の側面から行った実態報告である.貧困層を含めて多くの人々が暮らしている農村を主な対象として,「住」を中心に,「衣」と「食」を加え,生活様式の特徴と変化について考察した. その結果,農村地域においても,新しい変化が人々の生活様式の上に現れてきていることが確認,推察された.しかし貧困層も多く認められ,地域差も大きく,農村地域が一般的に大きな変化の潮流のなかにあると,断言できるほどではない.これに対して,人々の熱暑に順応するための配慮と関心から生活様式の伝統は強い流れとして存続している.とくに「住」の様式における開放性と自然との一体性とでも言うべき特徴である.この特徴は,日本農村につい近年まで存続してき た住宅様式に通じるところがあり,注目される.
URI: http://hdl.handle.net/11266/5900
Appears in Collections:66巻1/2号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
[055-088].pdf10.15 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.