DSpace 立正大学 日本語
 

立正大学学術機関リポジトリ >
学部 >
経済学部 >
経済学季報 >
66巻4号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11266/5907

Title: 武蔵国多摩郡戸倉新田の人口
Other Titles: Historical Demography of Tokura-Shinden at the Musashino Plateau
Authors: 髙橋, 美由紀
Takahashi, Miyuki
Keywords: 歴史人口学
新田
地域
Issue Date: 31-Mar-2017
Publisher: 立正大学経済学会
Abstract: 近世の人口は,全国的にみると17 世紀に増加を見た後,18 世紀に入ると停滞し,飢饉で減少を経験し,幕末から明治初期の増加までは3000 万人前後で推移した.しかし,地域的に観察した場合は増加地域と減少地域とに分かれる.本論では,武蔵野国多摩郡戸倉新田の人口を観察し,その増加が何に起因したのかを考察する.
URI: http://hdl.handle.net/11266/5907
Appears in Collections:66巻4号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
[057-070].pdf1.25 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.