DSpace 立正大学 日本語
 

立正大学学術機関リポジトリ >
施設/センター >
立正大学心理臨床センター >
立正大学臨床心理学研究 >
第15号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11266/5936

Title: イメージの鮮明性と統御性および常用性の関連
Other Titles: The relationship among vividness of imagery, controllability of visual imagery, and verbalizer-visualizer
Authors: 田村, 英恵
Tamura, Hanae
Keywords: イメージ
鮮明性
統御性
常用性
視覚型-言語型
Issue Date: 31-Mar-2017
Publisher: 立正大学心理臨床センター
Abstract:  本研究では,イメージ想起に関わる個人差として鮮明性,統御性,常用性(視覚型- 言語型)を取り上げ,それらの関連を検討することを目的とした。194名の大学生にQuestionnaire upon Mental Imagery の短縮版(QMI;Sheehan, 1967),Test of Visual Imagery Control(TVIC; Gordon, 1949),Verbalizer-Visualizer Questionnaire(VVQ;Richardson, 1977)を実施した。 結果,QMI とTVIC については弱い正の相関が認められたが,VVQ とQMI およびVVQ と TVIC については有意な相関が示されなかった。したがって視覚イメージの常用性は,鮮明性や統御性とは異なる側面を捉えていることが示唆された。
URI: http://hdl.handle.net/11266/5936
Appears in Collections:第15号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
bulletin15_p019_tamura.pdf636.38 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.