DSpace 立正大学 日本語
 

立正大学学術機関リポジトリ >
施設/センター >
立正大学心理臨床センター >
立正大学臨床心理学研究 >
第15号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11266/5937

Title: 樹木画2 枚施行法による強迫性障害者の理解
Other Titles: The understanding of obsessive-compulsive disorder by using twice-application method of tree drawing technique
Authors: 佐藤, 秀行
SATO, Hideyuki
Keywords: 樹木画2 枚施行法
強迫性障害
事例研究
Issue Date: 31-Mar-2017
Publisher: 立正大学心理臨床センター
Abstract: 強迫性障害の理解のための一技法としての樹木画法の有用性を検討することを目的として, 精神神経科を受診した強迫性障害者3 名を対象に樹木画2 枚施行法を行った。これらの事例を まとめた結果,「根の欠如」,「対称性(シンメトリー構造)」,「幹よりも極端に長い樹冠部」な どの指標が,強迫性障害の特徴を表している可能性が示唆された。また,被検査者それぞれの 固有の表現によって,樹木画法には現在の状態や葛藤,性格傾向が表れており,この技法が被 検査者の理解としても,治療への示唆という点でも有益な視点を与えるものと考えられた。
URI: http://hdl.handle.net/11266/5937
Appears in Collections:第15号

Files in This Item:

There are no files associated with this item.

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.