DSpace 立正大学 日本語
 

立正大学学術機関リポジトリ >
研究所 >
心理学研究所 >
立正大学心理学研究所紀要 >
第15号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11266/5951

Title: 日本の名付け習慣における変遷の全国的分布
Other Titles: On the distribution of changes in naming customs across Japan
Authors: ウンサーシュッツ, ジャンカーラ
UNSER-SCHUTZ, Giancarla
Keywords: kirakira nēmu
DQN nēmu
onomastics
naming practices
kanji
regionalism
キラキラネーム
DQN ネーム
命名
名付け
漢字
地域差
Issue Date: 21-Mar-2017
Publisher: 立正大学心理学研究所
Abstract:  Japanese naming practices have been changing dramatically in recent years, with many orthodox name-exclusive suffixes and other characteristics going into disuse. Instead, new names are characterized by their unusual usages of kanji. These new types of names have been widely taken up and problematized in the media, but it has not yet been confirmed whether these are nation-wide trends. In this article, I consider how naming practices have changed by using data from newsletters from 12 municipalities from the major regions of Japan for a total of 1,573 names were obtained. Analysis showed that names which used kanji in non-transparent, hard to use ways were common across Japan, coming to approximately 50% of all names. There were no major differences between the municipalities in this respect, and regional differences in their distribution were largely insignificant. One reason for this may be changes in interpersonal relationships affecting who is involved in the naming process, but changes in the information available when choosing names are also important. The development of numerous internet sources about popular baby names and ranking may also have allowed people to become more sensitive to changes in trends, encouraging them to select names largely in comparison with others in mind.
 近年においては、名付け習慣が大きく変化しており、名前特有の接尾辞や従来の構造的特徴が少なくなってきている。一方、読みを工夫した漢字用法を用いた名前は増えている。名付けのこういった変化は問題視されており、メディアで幅広く取り上げられている。だが、全国的に見られる傾向なのかは未確認である。本研究では、12か所の市町村の広報誌をデータとして用い、近年の名付け習慣における変化を確認した。漢字の用法により抽出された1,573個の名前は「不透明群」と「透明群」に分類された。分析の結果、読み方が不透明で読みにくいと推測される名前が全名前の50%以上を占めており、全国的に頻繁に見られることが確認できた。また、市町村による差ほとんど見られず、読みにくい名前の分 布には地域差が認められなかった。地域差が見られなかった理由として、人間関係における変化の他に、名付けの際に活用できる情報における変化が挙げられる。ことにインターネットを通したランキング情報の普及により、人々が名付けにおける流行に対して敏感になっており、名付けの際に他者との比較の中で名前を選択することが一般化しているであろう。
URI: http://hdl.handle.net/11266/5951
Appears in Collections:第15号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
kiyo15_p067_unser-schutz.pdf1.16 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.