DSpace 立正大学 日本語
 

立正大学学術機関リポジトリ >
学部 >
社会福祉学部 >
人間の福祉:立正大学社会福祉学部紀要 >
第31号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11266/6359

Title: 日本科学映画の生みの親 太田仁吉の思索と実践-教育における科学映像メディアの研究-
Other Titles: The Father of Japanese Science Films, Nikichi Ota's Thinking and Practice―Study of Science Visual Media in Education―
Authors: 吉岡, 有文
YOSHIOKA, Arifumi
Keywords: 太田仁吉
科学映画
科学教育映画
科学映像メディア
理科教育映画
Issue Date: 28-Feb-2017
Publisher: 立正大学社会福祉学部
Description: 社会福祉学部創設20周年記念号/三友量順教授退職記念号
〈原著論文〉:Original Articles
URI: http://hdl.handle.net/11266/6359
Appears in Collections:第31号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
吉岡有文_p91-125.pdf1.8 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.