DSpace 立正大学 日本語
 

立正大学学術機関リポジトリ >
学部 >
経済学部 >
経済学季報 >
53巻1/2号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11266/650

Title: 日本・中国の産業構造および貿易構造の現状
Other Titles: Industrial Structure and Trade of the Japan-China Economy
Authors: 宮川, 幸三
Miyagawa, Kozo
立正大学経済学部
Rissho University
Keywords: 日中経済
産業構造
日中貿易
直接投資
産業連関分析
Issue Date: 30-Oct-2003
Publisher: 立正大学経済学会
Abstract: 本稿は、近年急激にその関係性を深めつつある日中経済の現状と今後について、実証的な分析を行なったものである。分析の視点は、以下の二点に集約される。一つは、日中両国の産業構造に関する分析である。本稿では、両国の産業連関表を用いたスカイライン分析によって、産業構造・貿易構造の実態を明らかにし、両国産業構造の比較分析を通して日中経済の今後についても言及している。二つ目の視点は、日中間の貿易および直接投資を通じた相互依存関係の分析である。これに関しては、財務省『貿易統計』による日中貿易の現状観察や、東洋経済新報社『海外進出企業総覧』を用いた日系企業の中国進出要因に関する分析を行っている。以上の分析より、中国経済の発展は、雇用面などで日本経済にマイナスの影響を与えているものの、今後の更なる中国市場の拡大は、輸出や直接投資を通じて日本経済に大きなプラスの影響をもたらす可能性があることが明らかとなった。
URI: http://hdl.handle.net/11266/650
Appears in Collections:53巻1/2号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
KJ00004309128.pdf2.72 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.