DSpace 立正大学 日本語
 

立正大学学術機関リポジトリ >
学部 >
経済学部 >
経済学季報 >
67巻1号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11266/6530

Title: 中国の対EU直接投資の動機・類型に関する分析
Other Titles: The Analysis on the Motives and Types of China’s OFDI in EU
Authors: 苑, 志佳
Yuan, Zhijia
Keywords: 対EU直接投資
戦略型資産
中国企業
Issue Date: 28-Jul-2017
Publisher: 立正大学経済学会
Abstract: 本稿は,中国資本の対先進国地域の欧州連合(EU)への直接投資に照準を合わせ,その動機と類型を明らかにするものである.これを解明するために本稿は,EU 企業を合併・買収した中国企業34 社を対象として分析する.本稿の分析を通じて,対EU 進出の動機には,「ブランドの獲得」,「生産能力の獲得」,「生産技術・ノウハウの獲得」という有形の戦略型資産と,「技術者の獲得」という無形の戦略型資産の獲得が発見された.そして,対EU 直接投資の類型について,産業別では,3 つの類型―国有企業の集中分野,民営企業の集中分野,両者混在の分野―が存在することがわかった.したがって,資本別・組織別から,「国有資本/ 企業法人」,「民間資本/ 企業法人」,「民間資本/ 個人投資者」の3 タイプは現在,対EU 直接投資の主要類型であることも明らかになった.その中で「民間資本/ 企業法人」の類型は今後,対EU 投資の主力になると予測した.
URI: http://hdl.handle.net/11266/6530
Appears in Collections:67巻1号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
[069-105].pdf1.21 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.