DSpace 立正大学 日本語
 

立正大学学術機関リポジトリ >
学部 >
経済学部 >
経済学季報 >
67巻2/3号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11266/6532

Title: 日本的生産システムのアフリカへの現地移転に関する実証研究 ―南アフリカに進出した日系Y 社の事例を中心に―
Other Titles: An Empirical Study on the Transfer of Japanese Production System in Africa : with the Focus on Japanese Firm Y in South Africa
Authors: 苑, 志佳
Yuan, Zhijia
Keywords: 日本的生産システム
アパルトヘイト
B-BBEE
作業長
教育訓練
ジョブローテーション
Issue Date: 26-Dec-2017
Publisher: 立正大学経済学会
Abstract: 本稿は,南アフリカに進出した日本企業Y 社の現地合弁企業SY 社に対する事例分析によって「日本的生産システムがアフリカに持ち込まれることができるか」,という点を明らかにする.本稿の分析の重点は,生産現場における作業長の役割,教育訓練システムおよび労使関係の3 点に置く.本事例の観察を通して得られた重要な結論の1 つは,日本的生産システムを南アフリカへ移転することが可能だという点である.SY 社の生産現場に現れた日本的生産システムの要素が南アフリカに伝播された理由として,1)合弁相手の熱意,2)長期駐在の日本人社員の貢献,3)生産現場で長期間をかけて育てられた作業長たちの力,という3 点が挙げられる.一方,現地の制度的ハードルが存在すれば,日本的生産システムのもっとも重要な構成部分である現場組織にかかわる諸要素は,現地の制度に適応せざるをえない.
URI: http://hdl.handle.net/11266/6532
Appears in Collections:67巻2/3号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
[001-028].pdf1.07 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.