DSpace 立正大学 日本語
 

立正大学学術機関リポジトリ >
学部 >
経済学部 >
経済学季報 >
67巻4号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11266/6546

Title: ベネズエラの地域通貨Panal
Other Titles: Examination of the Complementary Currency Panal in Venezuela
Authors: 歌代, 哲也
林, 康史
Utashiro, Tetsuya
Hayashi, Yasushi
Keywords: 地域通貨
インフレーション
金融政策
Issue Date: 30-Mar-2018
Publisher: 立正大学経済学会
Abstract: 2017年12月,ベネズエラのカラカス(1月23日地区)で,ボリバル革命と左翼政権を支持する組織が地域通貨Panal(パナル)を発行した. ベネズエラの政治経済は混乱が続いている.原油輸出は2000年以降,輸出総額の7 割から9 割を占めてきたが,2008年の国際金融危機以降,大幅に下落しており,原油輸出による外貨の獲得は困難になる一方,ハイパー・インフレも落ち着きそうもない.法定通貨ボリバルも,ブラックマーケットの対USドル実勢レートが公定レートの1万分の1以下の価値という状況に陥っている. 今回の地域通貨の発行は,ハイパー・インフレ下の貨幣不足で,商品の購入が困難という状況を打破することが目的だという.1月23日地区では,Panalとボリバルの2 つの通貨が流通することになるが,法規制によりPanalはボリバルに交換できない.むしろ,ハイパー・インフレ下であれば,両方向とも,交換ができないほうが混乱が起きない可能性が高い.
Description: 小畑二郎教授定年退任記念号
URI: http://hdl.handle.net/11266/6546
Appears in Collections:67巻4号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
[041-067].pdf1.31 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.