DSpace 立正大学 日本語
 

立正大学学術機関リポジトリ >
学部 >
経済学部 >
経済学季報 >
67巻4号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11266/6548

Title: 消費税は本当に消費者が負担しているのか
Other Titles: Is Consumer Really Paying All the Amount of Consumption Tax?
Authors: 西津, 伸一郎
Nishizu, Shinichiro
Keywords: 消費税
付加価値税
税負担
限界費用
限界費用ゼロ
供給独占
独占的競争
Issue Date: 30-Mar-2018
Publisher: 立正大学経済学会
Abstract: 本稿の題目は,「消費税は本当に消費者が負担しているのか」である.しかし本稿の目的は,それを解明することではない.言葉(文字)だけによる説明・主張の危うさを指摘することが目的である.言葉(文字)による説明は,その記述は部分的には正しいあるいは正しく見えるものによって構成される.そのためその説明によって得られた結論は,正しいあるいは正しく見えてしまうことになる.消費税と限界費用を例に,誤った結論に誘導してしまう危険性を指摘する.
Description: 小畑二郎教授定年退任記念号
URI: http://hdl.handle.net/11266/6548
Appears in Collections:67巻4号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
[097-116].pdf1.42 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.