DSpace 立正大学 日本語
 

立正大学学術機関リポジトリ >
研究所 >
心理学研究所 >
立正大学心理学研究所紀要 >
第16号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11266/6570

Title: 教育目標分類学におけるメタ認知の検討
Other Titles: A study on Metacognition in the Taxonomy of Educational Objectives
Authors: 大津, 悦夫
OTSU, Etsuo
Keywords: Taxonomy of educational objectives
metacognition
teaching method
教育目標分類学
メタ認知
教科指導
Issue Date: 30-Mar-2018
Publisher: 立正大学心理学研究所
Abstract:  The purpose of this paper is to describe the Taxonomy of Educational Objectives and to analyze “metacognition” that constitutes the Taxonomy.About sixty years ago,a framework for categorizing educational goals: Taxonomy of Educational Objectives was published by Bloom. The publication is the seminal Taxonomy of Educational Objectives, The Classification of Educational Goals, Handbook Ⅰ : Cognitive Domain. The Handbook has provided the foundation of test design, teaching method and curriculum. In 2001 a revision of the Handbook was published by Anderson and Krathwohl. Their revised version of Bloom’s Taxonomy model is a two-dimensional matrix with six Cognitive Processes represented by one dimension and four different level of a Knowledge dimension represented by the other dimension. Metacognitive knowledge is a fourth level of the Knowledge dimension. Marzano and Kendall published The New Taxonomy in 2007. This New Taxonomy is also two- dimensional( levels of processing and knowledge). In the levels of processing, the Self system is the first system, followed by the Metacognitive and Cognitive systems, respectively. Dimension of Knowledge is constructed by Information, Mental procedures and Psychomoter procedures.  Marzano and Kendall developed a new issue on metacognition in their Taxonomy. We have studied metacognition and discussed on the following four points: (1)the necessity of defining the knowledge of Metacognition in Anderson’s Taxonomy Table.( 2)Is the Self system appropriate objectives in the Taxonomy ?( 3)Metacognitive activity controls not only Metacognitive System (level 5) but also every levels of Processing. (4)Conscious of Processing is characteristic that discloses the hierarchic nature of cognitive systems. Evidence-based information on conscious level is essential.
 この論文の目的は、教育目標分類学について述べ、分類学を構成しているメタ認知について検討する ことである。約60年前、教育目標分類学の枠組みがブルームによって公刊された。この出版は、教育目 標の分類 ハンドブックⅠ:認知領域 であり、その後の教育目標の分類学の発展に影響を与えた。こ のハンドブックは、テスト計画、教授方法、カリキュラムに基礎を提供してきた。2001年に、ハンドブッ クの改訂版が、アンダーソンとクラスウォールによって公刊された。彼らによるブルームの分類学の改 訂は、二次元マトリックスにより構成されており、一つは六つの認知過程の次元、もう一つは四つのレ ベルからなる知識次元である。メタ認知的知識は、知識次元の第四のレベルである。マルザーノとケン ドールは、2007年に新分類学を公にした。この新分類学も二次元(処理のレベルと知識のレベル)から 構成されている。処理のレベルでは、自己システムが第一のシステムであり、続いてメタ認知システム、 そして認知システムがそれぞれ続いている。知識次元は、情報、心的手続き、精神運動手続きによって 構成されている。  マルザーノとケンドールは、新分類学においてメタ認知について新たな考えを展開している。メタ認 知について検討し、次の四つの問題について論究した。 (1) アンダーソンらのタキソノミーテーブルにおいては、メタ認知的知識について明確にする必要があ る。 (2) 自己システムは、分類学において適切な目標であるかどうか疑問である。 (3) メタ認知的活動は、メタ認知的システム(レベル5 )のみならず処理のそれぞれのレベルをも制御 している。 (4) 処理における意識は認知システムの階層的性質を明らかにする特徴である。意識レベルについての 実証が必要である。
URI: http://hdl.handle.net/11266/6570
Appears in Collections:第16号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
kiyo16_p043_otsu.pdf984.7 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.