DSpace 立正大学 日本語
 

立正大学学術機関リポジトリ >
施設/センター >
立正大学心理臨床センター >
立正大学臨床心理学研究 >
第16号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11266/6581

Title: 大学生の心理的居場所感とソーシャルスキルとの関連
Other Titles: Relationship between “Ibasyo” (one’s psychological place) and social skills in university students
Authors: 淺木, 海音
奥野, 誠一
Asagi, Mio
Okuno, Seiichi
Keywords: 大学生
心理的居場所感
ソーシャルスキル
Issue Date: 31-Mar-2018
Publisher: 立正大学心理臨床センター
Abstract:  本研究の目的は,心理的居場所感とソーシャルスキルとの関連を明らかにすることであった。 大学新入生262名を対象とし,心理的居場所感尺度,成人用ソーシャルスキル自己評定尺度,自己肯定意識尺度を実施した。その結果,心理的居場所感の「役割感」「被受容感」とソーシャルスキルとの有意な関連が示された。これらの結果から,これまでに関係が構築された重要な他者に対する役割感や被受容感は,個人内で心理的居場所として機能し,その後の新しい人間関係を構築する際に影響を及ぼす可能性が示唆された。
URI: http://hdl.handle.net/11266/6581
Appears in Collections:第16号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
bulletin16_p021_asagi_etal.pdf694.28 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.