DSpace 立正大学 日本語
 

立正大学学術機関リポジトリ >
施設/センター >
立正大学心理臨床センター >
立正大学臨床心理学研究 >
第16号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11266/6583

Title: 樹木画法の複数枚描画に関する文献研究
Other Titles: A review of the technique to draw some pictures of a tree
Authors: 佐藤, 秀行
Sato, Hideyuki
Keywords: 樹木画法
複数枚描画
文献研究
Issue Date: 31-Mar-2018
Publisher: 立正大学心理臨床センター
Abstract:  同一の被検査者が連続して樹木画を描画した研究について概観し,樹木画法において安定して描かれる指標と変化しやすい指標についての研究知見を整理するとともに,今後の研究の方向性について考察することを目的とした。研究を概観した結果,教示や実施手続きに多様性がみられること,検査者がとらえる「全体的印象」,「描線」は2 枚の樹木画で変化が少なく安定しており,「根」,「樹冠」については変化しやすいことなどが示唆された。樹木画法の中には特 定の検査者のみが研究を行っているものも多いことから,今後は発展的,批判的な検討を行うことが重要であると考えられた。
URI: http://hdl.handle.net/11266/6583
Appears in Collections:第16号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
bulletin16_p047_sato.pdf853.34 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.