DSpace 立正大学 日本語
 

立正大学学術機関リポジトリ >
施設/センター >
立正大学心理臨床センター >
立正大学臨床心理学研究 >
第16号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11266/6586

Title: 初学者セラピストによるアダルト・チルドレンの中年女性との面接
Other Titles: Psychological interview with a middle-aged woman of Adult Children of
Alcoholic with Beginner Therapist.
Authors: 白川 , 佳央里
喜多見, 学
Shirakawa, Kaori
Kitami, Manabu
Keywords: アダルト・チルドレン
初学者
回復
Adult Children
Beginner Therapists
Recovery
Issue Date: 31-Mar-2018
Publisher: 立正大学心理臨床センター
Abstract:  本研究では,自らをアダルトチルドレン(AC)と認識している中年女性に対して,初学者セ ラピスト(Th)が行った面接過程を振り返り,AC の回復及び回復に影響を与えたと考えられ るセラピストの関りと,初学者Th としての学びの考察を行った。AC の回復には安心で保護 的な治療関係を基盤とし,自己肯定感の向上を促していくことが重要であると考えられた。ま た,AC の回復は自己認知や対人認知などが相互作用的に影響を及ぼし合っていると考えられ た。最後に,初学者Th の学びとして,理論的オリエンテーションを持つこと,SV や事例検討 会に参加することで臨床の拠り所を持つことが重要であると示唆された。
This study reflects on the interview with an middle-aged women who claims that herself is an“ adult children(AC)”, and discusses on the involvement with, and the learnings of the beginner therapist. It is important for the recovery of an adult children to have a reassured and protected therapeutical relationship as a base, with an encouragement to improve selfaffirmation. Also, the recovery of AC is affected by the co-action of self-cognition and interpersonal cognition. Lastly, as a learning of a beginner therapist, the importance of having a theoretic orientation, and the participance to SVs and case meetings as a cornerstone for the therapist, can be suggested.
URI: http://hdl.handle.net/11266/6586
Appears in Collections:第16号

Files in This Item:

There are no files associated with this item.

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.