DSpace 立正大学 日本語
 

立正大学学術機関リポジトリ >
施設/センター >
立正大学心理臨床センター >
立正大学臨床心理学研究 >
第16号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11266/6587

Title: 不登校を契機に自分を見つめ始めた男子高校生との心理面接
Other Titles: Psychological interview with high school student who began to look at himself as a result of non-attendance at school
Authors: 宍戸, 孝明
尾花, 真梨子
Shishido, Takaaki
Obana, Mariko
Keywords: アイデンティティ
心理的防衛
自己受容
Issue Date: 31-Mar-2018
Publisher: 立正大学心理臨床センター
Abstract:  本稿は、不登校を契機に来談した男子高校生との面接過程を報告するものである。面接開始当初は、自分の言葉で語ることが少ないクライエントであったが、面接が進むにつれて、自分自身の感情や思いなどを徐々に語るようになっていった。そして、思い描く理想の自分と、その理想と相いれない自分の部分との間での葛藤をセラピストと共有した過程について、アイデンティティ形成と心理的防衛という観点から考察した。
URI: http://hdl.handle.net/11266/6587
Appears in Collections:第16号

Files in This Item:

There are no files associated with this item.

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.