DSpace 立正大学 日本語
 

立正大学学術機関リポジトリ >
学部 >
経済学部 >
経済学季報 >
54巻1号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11266/661

Title: 地域産業連関分析の必要性と地域間産業連関分析モデル : 中国地域間産業連関表の作成に向けて
Other Titles: Interregional Input-Output Analysis : for the Compilation of Multi-Regional Input-Output Table in Chine
Authors: 宮川, 幸三
Miyagawa, Kouzo
立正大学経済学部:慶應義塾大学産業研究所
Keywords: 地域産業連関分析
中国地域間産業連関表
国際産業連関表
中間財交易
地域経済格差
Issue Date: 30-Sep-2004
Publisher: 立正大学経済学会
Abstract: 産業連関表を複数の地域にわたって接続することによって作成される地域間産業連関表は、統一的なフレームワークの中で地域間の産業構造格差の中間財交易構造に関して実証的な分析を行うための唯一の経済統計資料であるといえる。しかしながら、地域間産業連関表を利用した分析モデルという観点から言えば、一国あるいは一地域表における均衡産出高モデルに取って代わるような一般的に広く使用されるモデルは存在せず、そもそも地域間表の表示形式と理論モデルの整合性に関しても十分な議論がなされていないのが現状であろう。そこで本稿では、産業連関分析の理論的な観点から地域間産業連関表の必要性について論じ、地域間産業連関表の表示形式と分析モデルの関係を整理している。また、今後中国の地域経済格差問題に関して実証分析を行うケースを想定しながら、中国においてどのような分析モデルを適用すべきであるか、といった点についても考察を行っている。
URI: http://hdl.handle.net/11266/661
Appears in Collections:54巻1号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
KJ00004173712.pdf1.52 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.