DSpace 立正大学 日本語
 

立正大学学術機関リポジトリ >
学部 >
経済学部 >
経済学季報 >
69巻1号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11266/6848

Title: 「自然型資産」獲得の対外直接投資の要因分析 ―中国企業による対オーストラリア直接投資を中心に―
Other Titles: The Cause Analysis on OFDI of Acquiring “Natural Asset”: with the Focus on Chinese Firms’ OFDI towards Australia
Authors: 苑, 志佳
Yuan, Zhijia
Keywords: 中国企業
対オーストラリア直接投資
戦略型資産
自然型資産
Issue Date: 30-Jul-2019
Publisher: 立正大学経済学会
Abstract: 中国企業は現在,多くの先進国へ直接投資を行っている.中国企業による対先進国への直接投資は単に企業自身の競争優位に基づく効率追求型のグローバル行動でなく,投資先の企業から競争優位に当たる「戦略型資産」を取得しようとす る動機を持つとされる.しかし,この特徴は必ずしもすべての先進国へ投資する中国企業の共通動機とは限らないという点が本研究によって発見された.この現象が何故,発生したかという点は,本稿の問題関心である.先進国地域のオース トラリアへ進出した中国企業に対する本稿の分析によって明らかにされたポイントは,下記のものである.(1)中国企業による対オーストラリアの産業別直接投資の構造的特徴は,多国籍企業の海外事業に関わる重要な資産―有形自然型資産―のシェアが目立って高い.(2)中国企業の対オーストラリア直接投資は,現地企業から「戦略型資産」を獲得しようとする動機が比較的弱く,「自然型資産」に照準を合わせて重点的に投資するという動機がきわめて強い.この点は中国企業による対他の先進国地域の直接投資パターンと大きく異なる.(3)上記の特徴は,中国企業からの直接投資をプルするオーストラリア側の要因と直接投資をプッシュする中国側の要因,という双方向の力の相互作用による結果である.
URI: http://hdl.handle.net/11266/6848
Appears in Collections:69巻1号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
[1-31].pdf1.55 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.