DSpace 立正大学 日本語
 

立正大学学術機関リポジトリ >
学部 >
経済学部 >
経済学季報 >
54巻3/4号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11266/686

Title: ベルギーにおける連邦制の成立過程(小林榮吾・齋藤道愛・森島賢教授定年退任記念号)
Other Titles: The Federalization Process in Belgium
Authors: 小島, 健
Kojima, Takeshi
立正大学経済学部
Keywords: ベルギー
連邦制
補完性原理
欧州統合
ヨーロッパ審議会
Issue Date: 20-Mar-2005
Publisher: 立正大学経済学会
Abstract: 1993年の憲法改正によってベルギーは連邦国家に移行した。ベルギーの連邦化は第二次大戦後の国内における地域対立の激化と地方自治要求の高まり、ヨーロッパ統合の進展など国内外の環境変化に対応したものであった。本稿はベルギー建国以来、劣位におかれてきた北部フランデレンの発言力向上、2度の世界大戦による影響に留意しながら、1970年の戦後最初の憲法改正以来、4度の憲法改正によって徐々に形成されたベルギー連邦制の歴史的意味を考察することを目的とする。また、本稿では、ベルギー連邦制がヨーロッパ統合の進展と同時進行的であったことに注目して、ヨーロッパ統合の議論における連邦制につながる地方自治の要求の高まりについても考察する。この点については、まずヨーロッパ審議会で採用され、ついでまーすとりひとじょうやくにもとりいれられた「補完性原理」受容の過程に即して検討する。
URI: http://hdl.handle.net/11266/686
Appears in Collections:54巻3/4号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
KJ00004173642.pdf1.38 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.