DSpace 立正大学 日本語
 

立正大学学術機関リポジトリ >
学部 >
経済学部 >
経済学季報 >
55巻3/4号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11266/720

Title: 道路ネットワークにおける環境負荷の厚生評価
Other Titles: Welfare evaluation of environmental burden in road network
Authors: 藤岡, 明房
Fujioka, Akifusa
立正大学経済学部
Keywords: グラフ理論
ネットワーク分析
カットセット
タイセット

補木
環境負荷
厚生評価
Issue Date: 20-Mar-2006
Publisher: 立正大学経済学会
Abstract: 本論文では,道路がネットワーク構造を形成している場合全体としての環境負荷を計測するための方法としてグラフ理論,特にネットワーク分析の手法を適用することを提案している.ネットワーク分析を適用するに当たっては,グラフの構造を明らかにし,改めて交通需要を外生的に与え,その需要をダミーリンクとしてネットワークの構造に追加するという操作を行う.これによって,交通の費用から決まる供給だけでなく需要もネットワーク構造の中に取り込むことができ,需要と供給を統一的に分析できるようになる.そのような操作をした後で,ネットワーク全体の外部不経済効果についても同様の方法で分析していく.これにより,従来あまり分析されてこなかったネットワーク構造の下での厚生評価が行えることになる.
URI: http://hdl.handle.net/11266/720
Appears in Collections:55巻3/4号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
KJ00004466358.pdf882.65 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.