DSpace 立正大学 日本語
 

立正大学学術機関リポジトリ >
学部 >
経済学部 >
経済学季報 >
57巻3/4号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11266/765

Title: 多元的開放型リージョナル・ガバナンス形成過程としての欧州近隣諸国政策 : F.タシナーリの論考を手がかりに
Other Titles: The European Neighbourhood Policy as a Process of Shaping the Plurilateral-Open Regional Governance
Authors: 蓮見, 雄
Hasumi, Yu
立正大学経済学部
Rissho University
Keywords: 補完性原理
ヨーロッパ
EU
ワイダー・ヨーロッパ
共同体
Issue Date: Mar-2008
Publisher: 立正大学経済学会
Abstract: 欧州近隣諸国政策は,これまでEU拡大が前提としていた「内」と「外」の二分法を超える新しい課題を提起している.EUの近隣諸国は,統合のプロセスとしてのEUが,グローバル・ガバナンスのアクターとしてのEUに出会う場だからである.EUは,補完性原理に基づく多元的な「制度の共同体」が作り出す規範を,ある程度の選択の幅の範囲内で(時に加盟しないまま)国家が自発的に受け入れ,開放的な「市場の共同体」が生み出す利益を分かち合い,「安全保障の共同体」を維持する自主性に基づいたヒエラルキー的システムを作り出している.近隣諸国を「市場の共同体」ばかりでなく,部分的に「制度の共同体」の活動に参加させ,さらにEUを支える「理念の共同体」を一般化し,ENP行動計画や「地域の共同体」を通じて近隣諸国に普及させていくことは,「制度の共同体」によって生み出された多元的開放型のガバナンス・モデルを受け入れる社会的土壌を作り出していく.こうしてEUは,「内」のボーダーを崩していくシステムから「外」のボーダーをも崩しながら,新しいグローバル・ガバナンスを構築していくシステムに転換していく潜在的可能性を持つ.この意味において,欧州近隣諸国政策の実現過程は「多元的開放型リージョナル・ガバナンス」の形成過程である.
URI: http://hdl.handle.net/11266/765
Appears in Collections:57巻3/4号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
KJ00005607930.pdf1.62 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.