DSpace 立正大学 日本語
 

立正大学学術機関リポジトリ >
学部 >
経済学部 >
経済学季報 >
58巻1号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11266/774

Title: グローバル経済下における日本のクリ生産の動向と栽培技術革新
Other Titles: Trends and New Cultivation Techniques of Japanese Chestnut Production in the Global Economy
Authors: 元木, 靖
Motoki, Yasushi
立正大学経済学部
Rissho University
Keywords: 日本のクリ
地域分化
低樹高栽培
実需者の支援
産地比較
Issue Date: Sep-2008
Publisher: 立正大学経済学会
Abstract: 貿易自由化と円高を背景としたグローバル経済の下で,日本農業全体が後退に転じたのと同様に,それまで急速な成長をみせてきた日本のクリ生産は1980年頃から一転して減少傾向をたどり,現在の栽培面積・収穫量はともに1965年当時を下まわる水準にまで減少した.この基底要因としては,韓国や中国からクリが大量に輸入されるようになったことが大きい.本論では,こうした点を確認したうえでクリ生産の減少過程ですすんだ地域分化の特徴について全国的な傾向を分析した.その結果(1)東日本にくらべて西日本のクリ生産地域における生産減少の顕著なことが明らかになった.いっぽう,(2)持続する主要産地においては低樹高栽培の景観が一般化しているという共通性が確認され,クリが果樹としての性格を強めてきていることが判明した.しかし,今日のクリ生産の状況は地域的にみると(3)生産者および実需者双方の対応等を含めた多様なとりくみが進行中で,大きな転換期にあると言える.
URI: http://hdl.handle.net/11266/774
Appears in Collections:58巻1号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
KJ00005608664.pdf2.63 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.